〜「夫婦で楽しく育児をする」を目標に二人で勉強しながら育児をしています〜

イクメン@ブログ

子どもの未来 生後4ヶ月 親の気持ちがわかった

【生後4ヶ月.22】子どもにかかる一番のお金は大学費用

更新日:

IMG 2131

 子どもが生まれてから、夫婦で保険のことについて考えるようになりました。

「子どもの養育費っていくらくらいなんだろう?」

「学費っていくらくらいかかるのかな?」

なんて考えているうちに、子どもの教育にはお金がかかることがわかり、親のありがたさがわかりました。

スポンサーリンク

 

・一番お金がかかるのは大学費用

 一番お金がかかるのは、やっぱり大学費用です。国立大学の理系で年間学費は50万円くらいですが、これが、市立になれば100万円以上。学部によってはもっとしますし、医学部は6年制ですし卒業するまでに1,000万円かかると言われているのもわかる気がします。

 うちは2人兄弟ですが、親は二人とも大学に行かせてくれました。しかも、二人とも一人暮らし。今思えば、結構なお金がかかっていたと思います。

 親のありがたみは、自分が親になるとわかると言いますが、本当にそうだと思いました。

 子どもにかかるお金を調べてみると、ほとんどがこの「大学費用」です。小学校、中学校は義務教育ですので、私立に行かなければそこまでお金がかかることはないでしょう。高校もぼくが住んでいる県は学費無料になったようです。高校も公立に通えばお金の心配はそこまでしなくても良いと思います。

 やっぱり一番お金がかかるのは大学です。

 

・大学って本当に必要?

 自分は大学に行ったのですが、最近感じることがあります。それは、「本当に大卒って必要?」ということです。

 周りを見れば、大卒の人ばかりです。しかし、これだけ大卒が多くなると、正直大学卒業ということに対して、そこまでのメリットがないのではないかと思ってしまいます。中卒や高卒で自分で事業を起こしている人達を見てきたからなのか、学歴の無意味さを感じてしまいます。大卒で就職に困っている人も大勢いますし。

 

・少子化の問題は学費にあるのではないか?

 「お金がなくて子どもが産めない」というようなことを聞いたことがあります。多分、テレビかネットの記事だと思いますが。しかし、実際に調べると日本の助成制度はかなりしっかりしています。

 出生のときは補助金でほとんどまかなえたので実費は2万円くらいでしたし、子ども手当てが月に15,000円もらえますし、ぼくたちが住んでいる地域は子どもの医療費は無料です。子どもの養育関係で心配なのは、大学の学費くらいでした。

 最近では、みんな子どもを大学に行かせたいと思っていると思います。しかし、これだけ大学卒の学歴が多くなっている世の中なので、大学卒というブランドはほとんど意味ないのではないでしょうか?

 そう考えれば、二人産んで二人とも大学まで行かせるために次の子を我慢するより、三人産んで、その中で本人が行きたいと思ったときだけ行かせるというような考え方でも良いのではと思ってしまいます。


・大学の数が多すぎるのでは?

 大学の数が多すぎるのも問題かなと。

 大学の数が多すぎるので、補助金が分散してしまっているような。よくわからない大学をもっと減らして、余った補助金を学費の補助にしたりするほうが良いのでは、と思います。

 とりあえず、移民受け入れとかそういう議論の前に、まずは日本の子どものためにお金を使うべきでしょう。移民を増やす前に、日本の心を持った日本人を増やさないと将来の日本のためにならないですし、今の子供達が苦労します。

 なんていうことを考えていたりしています。

336

336

-子どもの未来, 生後4ヶ月, 親の気持ちがわかった
-,

Copyright© イクメン@ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.