【生後2ヶ月.20】アマゾンの激安ワンサイズおむつカバー(280円)を買ってみた

IMG 1727

 布おむつを買う時には、おむつカバーも一緒に買うと思いますが、おむつカバーは2つで1,500円くらいです。紙おむつから布おむつに替えた理由の1つは、「節約」でもあるので、なるべくなら安く済ませたい。

 そこで、いろいろと探していたら、新生児からおむつはずれの時期までワンサイズで過ごせるおむつカバーをアマゾンで280円で見つけたので購入してレビューしてみました。

スポンサーリンク

 

・1つ280円だけど送料は別

 今回ぼくが購入したのはこちらのおむつカバーです。

 マジックテープ式で、ボタンで調整することで、新生児からずっと使えるワンサイズの布おむつです。色の種類もたくさんあるので、好きな色から選べます。

 ただ、購入の際に注意してもらいたいのが、価格は280円だけど送料は別途必要だということです。関東へ送るのに1つにつき514円かかります。これは、1つに対する料金なので、3つ同じ販売元から買っても、それぞれに送料がかかります。そうなると、1つにつき最低794円の料金になり、普通におむつカバーを買うのと同じくらいです。

 最初からその料金だと思って、選びましょう。

 

・おむつカバーが送られてきた

 結局、水色と青とベージュの3色を購入しました。料金は

280円×3 + 514円×3 =2,382円です。

 まあ、ワンサイズのおむつカバーが欲しかったのでよかったですが、そんなには安くありませんでした。

 注文から2日後にメール便で届きました。送料1,500円くらい払ったのに、120円くらいのメール便で送ってくるとは。

 最初から、送料で利益を確保する作戦だったのですね。普通の茶封筒に入れられていました。

IMG 1726

 中を開けると、ビニールに注文した3色のおむつカバーが入っていました。

IMG 1727

 最初の感想としては、思ったより色が明るめだな〜ってこと。

 ベージュなんて、クリーム色みたいです。ただ、最初は気になっていましたが、使っているうちに以外と明るい色もかわいくて良いのではないかと思い始めました。

 もう一つ茶封筒が入っています。

IMG 1728

 中には、おむつカバーの使い方と、発注書が入っていました。

IMG 1729

 おむつカバーを袋から取り出してみました。

IMG 1730

 なかなか明るい色です。正面にあるボタンでサイズを調整します。

 新生児用に小さくするには、一番上のボタンと一番下のボタンを留めます。大きくなってきたら真ん中のボタンと一番上のボタンを留めます。もっと大きくなったら、ボタンを留めずに使います。

IMG 1805

 こうやってボタンを留めてサイズを調整します。

 サイズを一番小さくして広げたところです。

IMG 1806

 おむつを留めるのはマジックテープです。マジックテープのすぐ内側にもう一つマジックテープを留めるところがついていて、最初は何かと思いましたが、洗濯するときにマジックテープを留めることができるため、他の洗濯物と擦れて痛めないようにできます。

IMG 1807

 これが以外と便利です。普通はマジックテープを留めた状態で洗濯するのですが、そうすると、おむつカバーが閉じた状態になるので、汚れの落ちが気になります。しかし、すぐ横で留めることができるので、おむつを広げたまま洗えて、干す時も他の洗濯物に絡まず、広げて干せて以外と便利です。

 ポケット上になっていて、おむつを中に入れて使うこともできます。

 今のところ、漏れもなく、普通に使えています。使いやすく便利でした。

 どうせ、1つ1つに送料がかかるのなら、7色セットの方が良いかもしれません。ボタン式の7色セットは送料無料で、1つあたり500円くらいでした。

 マジックテープタイプは8色セットで5,200円プラス送料でした。

 今、我が家では5つのおむつカバーを使っています。おむつに比べるとおむつカバーは汚れにくいですが、たまにウンチがおむつから出て、おむつカバーを汚してしまうことがあるので、5つあるので余裕を持っておむつカバーが交換できます。

 ただ、毎日洗濯する家庭でしたが、もう少し少なくても良いかもしれません。

この記事に関連する記事


◆スポンサーリンク◆
  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (0)
  1. コメント 0


return top