【生後10ヶ月.6】布おむつにしているのにおしっこやうんちを教えてくれなくなった

IMG 4680

 生まれたばかりのときは紙おむつを使っていましたが、だんだんと育児に慣れてきたくらいから布おむつを使うようになりました。今では、お出かけと寝る時以外はいつも布おむつです。

 布おむつにした理由は、紙おむつを買うのがもったいないことと、紙おむつが資源の無駄に思えるということ、そして、布おむつにするとオシッコをしたと教えてくれるので、オシッコに気が付きやすくなって、おむつが取れるのが早くなるんじゃないかという理由でした。

スポンサーリンク

 

◆以前は教えてくれていた

 布おむつに変えた結果、おしっこやうんちをしたら泣いて教えてくれました。おむつなし育児の本によると、子どもはおしっこをしてから教えてくれるのではなくて、厳密にはおしっこをする直前に教えてくれるようです。

 ともかく、泣いたあとにおむつを見てみると確かにおしっこやうんちをしていました。

 しかし、いつからか教えてくれなくなりました。

 

◆最近は泣かない

 今まではおむつが濡れていると気持ち悪くて泣いていたような気がしていましたが、最近はぜんぜん泣きません。そろそろおむつが濡れているかな〜と思っておむつを開くとびちょびちょになっていて、なんで教えてくれなかったんだろうと思うことが何度もあります。

 いつの頃が教えてくれなくなりました。

 でも、もしかしたらこちらが気が付かなくなってきたのかもしれません。

 以前に比べてだいぶ手が離れるようになったので、1人で遊ばせているときも多いです。いままでは泣いたらすぐに確認しに行きましたが、最近では泣いても忙しい時は多少放っておくときもあります。もしかしたら、そんなことをくり返しているうちに、こちらがあまりおむつに気が付かなくなって、子どもも言っても無駄だと思って泣かなくなったのかもしれないと思うと、もう少し気をつけてあげないといけないのかとも思いました。

 来年の夏くらいには1歳半になるので、おむつがとれて欲しいとか、おむつなし育児の本を読んで思っていましたが、今のままだと難しいかもしれません。

 奥さんの友達の元保育士のお母さんも最近は教えてくれなくなったと言っていたので、なかなか難しいんですね。

 せっかくかったおまるもまだ一度も使えていないので、おむつはずしまでの道のりはまだまだ長いです。

この記事に関連する記事


◆スポンサーリンク◆
  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (0)
  1. コメント 0


return top