【生後11ヶ月.7】中耳炎の原因と症状と対策

IMG 5110

 子どもが中耳炎になってしまって、年末から何度か耳鼻科に通っているのですが、中耳炎という病気についてイマイチ詳しく知らなかったので、一度しっかり調べてみようと思って、中耳炎の原因と対策について調べてみました。

スポンサーリンク

 

◆中耳炎の原因

 鼓膜の内側の中耳というところが最近に感染して炎症が起きる病気が「中耳炎」です。

 かぜなどでのどや鼻の粘膜についた最近が、耳管というところを通って中耳に入るのが主な原因です。

 赤ちゃんの頃は大人と違って顔が小さいので、耳や鼻が近くてそこから耳に最近が移動しやすいので子どもは中耳炎になりやすいのだそうです。

 

◆中耳炎の症状

 症状は発熱、せき、鼻水などの風邪の症状の後、高熱が出て機嫌が悪くなり、耳に手をやったり耳を痛がったりします。症状が進むと中耳にうみがたまり、鼓膜が破れて耳だれが出ます。

 

◆中耳炎の対策

 小児科か耳鼻科に行くと、抗生物質の飲み薬や点耳薬をだしてくれます。うちの子はまだ症状が軽かったからなのか、抗生物質と鼻水をおさえるシロップだけでした。

 痛みが強いときは、鎮痛解熱剤が処方されることもあります。

 うみが中耳にたまって痛みが激しい時は、鼓膜を切開してうみを出すなど大掛かりな治療になることがあるので、気になったらなるべく早く小児科や耳鼻科に行ったほうが良いと思います。

 ちなみに、切開しても鼓膜は再生するそうです。

 今回の中耳炎の件で小児科にも耳鼻科にも行きましたが、やっぱり耳のことは耳鼻科の方が詳しいですし、機械もすごかったです。小児科にいったときには片耳だけと言われた中耳炎が耳鼻科に行ったら両耳だったということもわかりましたし、その後、耳垢も鼻水もごっそりとってくれました。

この記事に関連する記事


◆スポンサーリンク◆
  • トラックバックは閉じられています
  • コメント (0)
  1. コメント 0


return top